myaのブログ

なんでもかんでも

もういいよ

どうも、朝から死にそうないきいき主婦です。



人生とは神様が「もういいよ」というまで生きることだと、西原理恵子さんが言っているそうです。


Twitterである人がそのことを神様にタオルを投げ入れられるようなイメージだと言っていました。



神様はいつもリング下で見守ってくれているんですね。

誰よりも選手のことを知っていて、大事なアドバイスもくれる。

でも戦うのはその人自身。

リングでは1人ぼっち。


どこまで戦えるのか、ダメージを受け続けていると分からなくなるかもしれません。


大学駅伝で時々見かける、脱水でフラフラなのに走るのをやめようとしない選手。


止めようとするコーチを必死に避けて走ろうとします。



私のセコンドやコーチは、一体どこでなにをしているのでしょう。


最近難聴なのでアドバイスも止める声も何も聞こえません。


そもそも私にそんな人いるのか疑問です。


そんな毎日の中で、タオルを投げ入れられる瞬間を待っています。


それではご覧下さい。

「明日のジョー」より伝説のセコンド、丹下段平です。(うろ覚え)


キラキラなのは幼い頃から少女マンガしか書いていないせいです。


丹下おじさん、おれもうダメだよ……

燃え尽きたぜ……